新しくなったWordPressでプラグインをインストールする方法

カテゴリ:Web制作タグ:,

WordPressではプラグインを利用することにより、標準機能であるブログや画像アップロード等の他にも便利な機能を追加することが出来るようになっています。
そんなプラグインですが、インストール方法が分からないという人のために、複数あるインストール方法の説明を書いておきたいと思います。

以前書いた記事のスクリーンショットが現状のものと違っているので改めて書き直しました。
それほど変わっていませんが、WordPress4.0以降等管理画面のデザインが変わってからのWordPressを使っている方の参考になれば幸いです。

このページの内容

  1. WordPressの管理画面から検索してインストールする
  2. WordPressの管理画面からファイルをアップロードしてインストールする
  3. FTPなどを使用してファイルをアップロードしてインストールする

WordPressのプラグインは様々な方法で公開されています。
公式プラグインディレクトリで公開されているプラグインについては、WordPressの管理画面上から検索してインストールする事が出来ます。
大体のプラグインはこの方法で導入が可能です。

install-plug-in-wordpress-for-4_01
まずは、インストール済みプラグインページにある「新規追加」ボタンか、左側のサイドメニューにあるプラグインメニューから「新規追加」を選択します。

install-plug-in-wordpress-for-4_02
次に右側にある「プラグインの検索」と表示されているボックスに検索ワードを入力して、「Enterキー」を押します。

install-plug-in-wordpress-for-4_03
すると先ほど入力したキーワードの検索結果が表示されるので、インストールしたいプラグインのところにある「いますぐインストール」をクリックします。

install-plug-in-wordpress-for-4_04
このような確認ダイアログが出てきますが、OKボタンをクリックすれば大丈夫です。

install-plug-in-wordpress-for-4_05
少し待つとインストールが完了した旨の画面が表示されます。
ここで「プラグインの有効化」をクリックするとプラグインの有効化を行う事が出来ます。

install-plug-in-wordpress-for-4_06
※間違えて他のページへ移動してしまった場合や閉じてしまった場合は、左側のサイドメニューにあるプラグインのインストール済みプラグインを開いてもらい、先ほどインストールが完了したプラグインのところにある、「有効化」をクリックすれば同じく有効化することが出来ます。

install-plug-in-wordpress-for-4_07
また、プラグインの削除を行いたい場合は、同じ画面(インストール済みプラグイン)で「停止」をクリック後、再度同じ画面で「削除」をクリックすると、削除確認画面が出てきて削除する事が可能です。

これで公式プラグインディレクトリにあるプラグインを追加・削除する方法は終了です。

公式プラグインディレクトリには登録されていなかったりベータ版がサイトやブログ上でしか公開されていないプラグインもあります。
そういった場合は、ファイルをダウンロードしてインストールしてあげる必要があります。

配布しているサイトからファイルをダウンロードします。
ZIPファイルの場合は解凍せずにそのままインストールを行う事が出来ます。

install-plug-in-wordpress-for-4_01
まずは、インストール済みプラグインページにある「新規追加」ボタンか、左側のサイドメニューにあるプラグインメニューから「新規追加」を選択します。

install-plug-in-wordpress-for-4_08
次に、「プラグインのアップロード」ボタンもしくは「またはこのページから zip 形式のプラグインをアップロードしてください。」のリンク部分をクリックしてください。

install-plug-in-wordpress-for-4_09
すると、ファイルを選択してアップロードする画面が表示されるので、先ほどダウンロードしておいたZIPファイルを選択して「いますぐインストール」を押しましょう。

install-plug-in-wordpress-for-4_10
少し待つとインストールが完了した旨の画面が表示されます。
ここで「プラグインの有効化」をクリックするとプラグインの有効化を行う事が出来ます。

install-plug-in-wordpress-for-4_11
※間違えて他のページへ移動してしまった場合や閉じてしまった場合は、左側のサイドメニューにあるプラグインのインストール済みプラグインを開いてもらい、先ほどインストールが完了したプラグインのところにある、「有効化」をクリックすれば同じく有効化することが出来ます。

install-plug-in-wordpress-for-4_12
また、プラグインの削除を行いたい場合は、同じ画面(インストール済みプラグイン)で「停止」をクリック後、再度同じ画面で「削除」をクリックすると、削除確認画面が出てきて削除する事が可能です。

これで公式プラグインディレクトリにあるプラグインを追加・削除する方法は終了です。

これでWordPressの管理画面からファイルをアップロードしてインストールする方法は終わりです。

前項のZIPファイルでのアップロードではうまくいかない場合やZIP以外の圧縮ファイルで提供されている場合は、一旦ダウンロードしてあるファイルを解凍してから直接プラグインフォルダにアップロードしてインストールする事も出来ます。

DLしたファイルをCubeICE(Win)、StuffIt Expander(Mac)などで解凍しましょう。
※OS標準の解凍機能を使用しても大丈夫です。

次にFTPクライアントFFFTP(Win)など、Cyberduck(Mac)などを使用してファイルをアップロードします。
※FFFTP公式は開発が終了しています。最新版のDLは有志の方が引き継いだFFFTP プロジェクト日本語トップページからDL出来ますのでコチラを使用しましょう。

※以下の画像は、WinSCPのスクリーンショットになりますが、そんなに変わらないと思います。

install-plug-in-wordpress-for-4_13
解凍が終わったファイルをフォルダごと、WordPressをインストールした場所から「wp-content」フォルダへ移動後「plugins」の中にアップロードします。
ほとんどのレンタルサーバーの場合、FTPにログインするとpublic_htmlなどがルートディレクトリ(最上層)になっていると思うので、
そこから「wp-content」、「plugins」とダブルクリックしていけばたどり着けるはずです。

解凍ソフトによっては、解凍する際に自動でフォルダを生成してその中に解凍したりするものもあるので、
「wp-content」

「plugins」

「解凍したプラグインフォルダ」

「phpや子フォルダなどのファイル」
という構成になるようにちゃんとアップロード出来てるか確認しましょう。

参考までに正しい例と間違えている例を画像にしておきました。
install-plug-in-wordpress-for-4_14
正しい例:pluginsフォルダの中にプラグイン名のフォルダがあり、その中にphpファイルが入っている。
wp-content

plugins

brBrbr300

install-plug-in-wordpress-for-4_15
間違っている例:pluginsフォルダの中にプラグイン名のフォルダがありますがその中に更に同じ名前のフォルダが出来てしまっている。
wp-content

plugins

brBrbr300

brBrbr300

プラグインによってはphpファイル以外のフォルダ等が含まれている場合もあります。
問題ないので間違えて消さないように気をつけて下さい。

install-plug-in-wordpress-for-4_11
正しくアップロードが出来ていたら、左側のサイドメニューにあるプラグインのインストール済みプラグインを開いてもらい、先ほどインストールが完了したプラグイン名のところにある、「有効化」をクリックすれば同じく有効化することが出来ます。

install-plug-in-wordpress-for-4_12
また、プラグインの削除を行いたい場合は、同じ画面(インストール済みプラグイン)で「停止」をクリック後、再度同じ画面で「削除」をクリックすると、削除確認画面が出てきて削除する事が可能です。

これでFTPなどを使用してファイルをアップロードしてインストールする方法は終了です。

あとでよむ / みんなにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントをする / みる

コメントを残す

コメントはまだありません。

検索する

カテゴリ一覧

タグ一覧

お知らせ アクセス解析 アプリケーション ゲーム サーバー スニペット プラグイン 動画 日記 Laravelパッケージ Laravel3 Laravel4 Tips Webサービス Webデザイン WordPress

最近投稿された記事

つぶやき

【GIGAZINE読者限定早い者勝ち】無料でDropbox・Googleドライブなどのクラウドを自由自在に同期・一括管理できる「まとめてクラウド」が先着5万人48時間だけゲット可能 - GIGAZINE gigazine.net/news/20151010-…

約2年前

離れていてもコミュニケーションが取りやすい便利なサービス「Remotty」 #remotty remotty.net

約2年前

RT @localdisk: メジャーどころがたくさん / 【セキュリティ ニュース】「WPTouch」など多数のWordPressプラグインに脆弱性(1ページ目 / 全1ページ):Security NEXT security-next.com/057930

約2年前

Javascript フレームワーク「Aurelia」aurelia.io

約2年前

dockerで起動済みのコンテナに対して何かしたい時は、docker exec -it コンテナ名 /bin/bashで入って実行したり、docker exec -it コンテナ名 supervisorctl restart nginxみたいな事も出来て便利。

約2年前

サーバー移転完了に伴いサイトの閲覧も可能な状態になりました。移転作業中にご訪問いただいた方には大変ご迷惑をおかけいたしました。今後このようなことがないよう気をつけて参ります。

約2年前

現在当サイトが閲覧出来ない状態となっております。こちらはサーバーの移転作業に遅れが生じているためとなっております。ご利用いただいている方にはご迷惑をおかけいたします。

約2年前

WordPress4.1.1(日本語版)が利用出来るようになりました wp.me/p4RkJY-Dj

約3年前

RT @keito_jp: Twitterをサマーウォーズ的に表示させるやつを製作中。遊んでみてね。 open.moo.jp http://t.co/gIgp5Gh6qW

約3年前

任天堂、YouTubeの広告収入を動画制作者とシェアする「Creators Program」サービス開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト s.gamespark.jp/article/2015/0…

約3年前

↑上へ戻る